借金をして感じた怖さ

これまでにみなさんもいろんな形で借金をした事がある人が多いと思います。

ですが、そういう人も借金をする時は安易に身近な人から借金をしない事をおすすめします。

それはどうしてかというと、私が以前身近な人から借金をして人間の怖さを知ったからでした。

確かにお金が絡むと人が変わると聞きますが、信じていた人から借金をしてそのせいで簡単にそれまで

築き上げてきた人間関係も簡単に壊れてしまったのはかなりショックでした。

それはどういう事かというと、私はどうしてもすぐにまとまったお金が必要になって

前から親しかった友人から借金をしました。その時、友人は多少渋りながらもお金を貸してくれました。

そこまでは良かったのですが、それ以降私ちゃんと借りたお金を返した後もずっと

私がその友人からお金を借りた事を持ち出してきて上から目線で話すようになり

それまで対等の関係だったのが崩れてしまい、結局不仲になって友人関係が破たんしました。

私はそれまでいくら借金をしてもちゃんと返せばそれまでの友人関係は壊れないと思っていました。

ですが、この体験でそうではない事を知り身近な人からお金を借りるのをやめました。